お直し・染め替え料金

お直し・染め替え料金

大好きだった故人の形見、若いときに買った思い出深い着物。寸法違いや派手、地味などの問題で、もう着られないとあきらめていませんか?

実は、昔の着物は今店頭に並んでいるものより、生地も染めも良質なものが多いのです。そんな着物を利用しないなんてもったいないことです。
着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。

★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら加工を承ります。

 ・シミ抜き…1、2か所のシミなら、丸洗いよりシミ抜きをおすすめします。料金2,000円

 ・箔直し…はがれた、汚くなった金銀の箔を直します。料金3,000円~

 
 ・刺繍直し…解けてしまった刺繍を直します。料金3,000円~

 ・スレ直し…こすれて白くなったスレを目立たなくします。料金5,000円

 ・家紋の入れ替え…今入っている紋を新たな紋に入れ替えます。料金13,000円(黒5つ紋)

 
★染め・染め替え料金★ ・加工方法によって料金が違います。お見積もり後に、加工を承ります。

 ・白生地から色無地に…料金20,000円 ・白生地から柄模様に…料金37,000円~(柄模様によって違います)

 ・派手になった着物を地味目に染め替える。料金40,000円

 ・柄模様の派手目の色を地味目にする。料金10,000円

 ※お仕立て代は含まれておりません。
 
★その他★ ・デザインにより料金が違います。お見積もり後に、加工を承ります。

 ・残布から草履を作る。料金12,000円  ・残布からバックを作る。料金5,000円

 ・裄や袖丈、身丈が出せない着物は、他の着物や羽織2枚を組み合わせてデザインし、パッチワーク技術で全く新しいモダンな着物を作ることができます。料金58,000円

※注意:料金は全て税別で表示しております。
◎気になる着物、羽織、コートなどがある方は、お気軽のお問い合わせ下さい。または、ご来店下さい。
  ☎フリーダイヤル0120-56-0102   メールkimono@orieya.com

松山和年(日本の着物文化を現代に伝える着物のプロ)

株式会社 織絵屋

  • 電話:0120-56-0102 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:日曜日、年末年始

このプロに問い合わせたい資料を請求したい

最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

大好きだった故人の形見、若いときに買った思い出深い着物。寸法違いや派手、地味などの問題で、もう着られないとあきらめていませんか?実は、昔の着物は今店頭に...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子『新・着物のあれこれ』を作成しました。内容を一部...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

他店で購入した商品にもかかわらず、急ぎの仕立てを快諾してくれました。

先日、お店を訪れた時、偶然にも社長さんとゆっくり、お話で...

辰子様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
大人女子に人気の浴衣・雪花絞りとは

 ここ数年来、大人女子に人気の浴衣と言えば、まるで雪の結晶を染めたような「雪花絞り」の浴衣でしょう。 サ...

足がほっそりキレイに見えて、しびれない楽な足袋とは

 私の足は幅広の上、甲高なので、本当に足袋には苦労していました。 足のサイズに合わせて買った足袋は、自...

着物の着方・右左どっちが上

 最近、テレビなどで着物を左前に着ている女性を時々見かけます。 洋服の場合、男性のものは左側の衿が上にな...

卒業式、入学式の母親の着物姿は子供への愛情メッセージです。

 ほとんどの学校で、2月~4月までの間に卒業式と入学式が行われます。最近では、着物で参列する母親が増えてきて...

家紋が美しい白生地から誂える一生モノの喪服(黒紋付)

 家紋が美しい白生地から誂える一生モノの喪服(黒紋付) 今、ほとんどの方が喪服(黒紋付)を揃える際は、い...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ