コラム一覧 :本友禅

1件~4件(4件)

友禅染の命は「糸目」

 世界に類を見ない美しい染め技術・友禅染は、「糸目」という防染技術の発明によって生まれました。 「糸目」とは、模様の輪郭線です。染料は液体ですので、そのまま絹布に描くと、色が散ってしまいます。糸目はこれを防ぐもので、もち米から作られた糊で模様の輪郭線を描くこととで,染料の堰... 続きを読む

本友禅

2017-10-25

本物の友禅は消滅の危機です。

 今から350年前に完成されたという友禅。それまでの模様染めは絞りに限られていました。または、染めではありませんが、刺しゅうで柄模様を描いていました。 絞りや刺しゅうに比べ、友禅は描く柄模様の自由度が高く、色彩も豊かで、武家に限らず町人までが、その美しさに魅了されていったので... 続きを読む

本友禅

2017-06-08

源氏物語を本友禅で染める東矢千嘉子という友禅作家を知っていますか?

 まず、なぜ、友禅の頭に「本」を付けるのかと言うと、現在の友禅はプリント染め、インクジェット染めなど、本来の友禅と呼べないものがほとんどになっているからです。 友禅染は江戸の元禄期に完成されたと言われています。今、NHKの大河ドラマ「真田丸」をご覧の方は良く分かると思いま... 続きを読む

本友禅

2016-05-27

本物の友禅 偽物の友禅

 今から約350年前の江戸時代初期、扇絵師の宮崎友禅斎が考案したといわれる友禅染。それまでの模様染めの絞り、刺繍などにない鮮やかで美しい模様染めが可能になりました。友禅染の登場によって、日本の着物文化は大きく発達したのです。 友禅染は16~18もの作業工程がありますが、主な工... 続きを読む

本友禅

2014-06-07

1件~4件(4件)

RSS
お直し・染め替え料金

大好きだった故人の形見、若いときに買った思い出深い着物。寸法違いや派手、地味などの問題で、もう着られないとあきらめていませんか?実は、昔の着物は今店頭に...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子を作成しました。A5版(72ページ)サイズの小冊子です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「簡単帯結び」で助かりました。

お世話様です。 11月26日に南昌荘で、簡単帯結びを教えて...

角掛様
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
しなやかで締め心地の良い袋帯・『本袋帯』とは
イメージ

 袋帯とはフォーマルの着物に締める帯で、おしゃれ着用の名古屋帯より長くて、二重太鼓を締められる帯です。...

友禅染の命は「糸目」

 世界に類を見ない美しい染め技術・友禅染は、「糸目」という防染技術の発明によって生まれました。 「糸目...

[ 本友禅 ]

もう一つの友禅・摺り友禅

《もう一つの友禅「摺り友禅」とは》 プリントやインクジェットの友禅が主流になってしまった現在ですが、本友...

竹を使った西陣のきもの・帯『竹姫』

西陣織メーカー・源一坊の三代目を若くして継いだ直人氏は、他社にないモノづくりを模索していた。  源一坊 ht...

山形県の「白たか織」の「白鷹お召」は最北の絣織物です。

 日本の絣の技術は、沖縄の久米島紬が起源と言われいます。その絣の技術が日本本土を北上し、代表的な大島紬、結...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ