コラム一覧 :喪服(黒紋付)

1件~3件(3件)

後悔しない喪服(黒紋付)の選び方

 喪服(黒紋付)は一生使うものです。80歳代になっても着られるものを選ぶことが大事です。 第一に、生地の良いものを選びましょう。以前は、東北地方では羽二重の生地が主流でしたが、羽二重はスレが出やすい生地なので、最近はちりめん素材が主流になってきました。 ちりめんには「... 続きを読む

喪服(黒紋付)

2015-05-29

卒業式には黒紋付がかっこいい

イメージ

 現在では、五つ紋の黒紋付は黒共帯と合わせて、喪服としてしか着られないという認識が定着していますが、それは間違いです。 本来、黒紋付は人生の大切な節目に着用する慶弔両用の第一礼装です。戦前から戦後しばらくまでは、黒紋付にフォーマル用の帯を合わせて、結婚式に着用していました... 続きを読む

喪服(黒紋付)

2014-10-01

喪服(黒紋付き)は日本人の礼節です。

 最近のお葬式では、残念なことに遺族の方も黒い洋服というのが増えているそうで、残念に思っています。 なぜ、お葬式に黒紋付き(喪服)を着るようになったのでしょうか? 黒紋付きが正式に喪服になったのは、明治時代に英照皇太后が亡くなられた時に、宮内省より『喪服は白半襟に五... 続きを読む

喪服(黒紋付)

2014-05-01

1件~3件(3件)

RSS
お直し・染め替え料金

着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら...

小冊子プレゼント

岩手日報「ぽらん」に連載されたコラム『きもの歳時記』をまとめた小冊子を無料プレゼント内容は、様々なきものの歴史やいわれ、文様の意味などを分かりやすく解説...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「簡単帯結び講座」で助かりました。

先日、岩手芸術祭のお茶会に誘われました。せっかくのお茶会...

りんどう様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
着られない、着ない着物のリメイク方法
イメージ

 着られない、着ていない着物や羽織は、名古屋帯や細帯にリメイクできます。 絹はこの世で最高の天然素材で...

[ 着物のお直し技法 ]

『梅』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 今回は、『松竹梅』の「梅」について述べます。 梅の開花は、「もう少し頑張れば、春はもうそこまで来...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『竹』の文様にはこんな意味が込めれれています。
イメージ

 前回の「松文様」に続き、今回は「竹」の文様について述べます。 竹には、古来、日本では「竹取物語」...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『松』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 以前、このコラムで、『松竹梅文様』には、「二人の間に元気な赤ちゃんが生まれるのを待っています。」といメッ...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『四君子文様』にはこんな意味が込められています。
イメージ

 四君子文様とは、蘭(らん)・竹・菊・梅の4種の植物を組み合わせた図柄のことです。(下画像) 本来、...

[ 着物の文様(柄模様) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ