コラム一覧 :江戸小紋

1件~2件(2件)

「本物の江戸小紋」 「偽物の江戸小紋」

イメージ

 前回の続きですが、小紋の中で最も着用範囲が広い江戸小紋について述べます。 江戸小紋は二人の伝統工芸士による合作になります。伊勢型紙の伝統工芸士が彫った型紙を使い、東京染め小紋の伝統工芸士が染めた江戸小紋が本物の江戸小紋です。 しかし、店頭で見かける江戸小紋のほとんど... 続きを読む

江戸小紋

2016-03-19

江戸小紋は江戸庶民の心意気で発達した。

 江戸時代に、参勤交代制度が確立し、各藩の武士が江戸に集まり、江戸城にも登城するようになりました。殿中では、何々藩の何某とわかるように、裃に各藩のお印の文様と家紋を染めた裃の着用が義務付けられました。背と胸の大きな家紋に対して、小さな紋ということで小紋と呼ばれるようになりまし... 続きを読む

江戸小紋

2014-05-27

1件~2件(2件)

RSS
お直し・染め替え料金

大好きだった故人の形見、若いときに買った思い出深い着物。寸法違いや派手、地味などの問題で、もう着られないとあきらめていませんか?実は、昔の着物は今店頭に...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子を作成しました。A5版(72ページ)サイズの小冊子です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ピンクの訪問着がシックな色に生まれ変わりました。

20代の時に作ってもらった単衣の訪問着がありました。単衣の...

K・S様
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
しなやかで締め心地の良い袋帯・『本袋帯』とは
イメージ

 袋帯とはフォーマルの着物に締める帯で、おしゃれ着用の名古屋帯より長くて、二重太鼓を締められる帯です。...

友禅染の命は「糸目」

 世界に類を見ない美しい染め技術・友禅染は、「糸目」という防染技術の発明によって生まれました。 「糸目...

[ 本友禅 ]

もう一つの友禅・摺り友禅

《もう一つの友禅「摺り友禅」とは》 プリントやインクジェットの友禅が主流になってしまった現在ですが、本友...

竹を使った西陣のきもの・帯『竹姫』

西陣織メーカー・源一坊の三代目を若くして継いだ直人氏は、他社にないモノづくりを模索していた。  源一坊 ht...

山形県の「白たか織」の「白鷹お召」は最北の絣織物です。

 日本の絣の技術は、沖縄の久米島紬が起源と言われいます。その絣の技術が日本本土を北上し、代表的な大島紬、結...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ