コラム

 公開日: 2016-01-12  最終更新日: 2016-04-17

「辻が花」という花はありません。

「辻が花」を花模様だと勘違いしている人がおおいようですが、「辻が花」は室町中期から江戸時代初期まで用いられた模様染めの染色法の一つです。

 「室町時代まで、染物の衣装は織物に比べ格下とみられていましたが、戦国時代になると、武士は公家社会の織物による重ね着の美よりは染め模様の美を求めるようになりました。

 しかし、当時は、まだ友禅染は開発されておらず、絞りによる模様染めが創意工夫されて、生まれた染色法のが「辻が花」でした。

 辻が花」というと故久保田一竹氏が有名ですが、氏の作品がすばらしいのは間違いないですが、本来の「辻が花」ではありません。

 「辻が花」は幻の染めと言われておりますが、故小倉健亮(おぐらけんすけ)氏を祖とする小倉一門が徳川家康やお市の方の辻が花染めの小袖を復元していますので、小倉一門の「辻が花」で説明します。

 「辻が花」の染め技法は、絞りで柄模様を作り、色別に絞った先端を付け染めしていきます。この絞り染めしたものに、カチン(煤墨)で描き絵、摺り箔、刺しゅうを併用して完成させます。

 しかしながら、江戸時代初期に、友禅染が登場すると、「辻が花」は、その染技法の手間と模様の自由度で、友禅に劣るために、足早に消えていきました。幻の染めと言われるゆえんです。

 戦国の世で、織物では表せない優しい「辻が花」の衣装に、ひと時の癒しを求めたのかもしれません。ものすごいスピードで変化する現代のストレス社会でも、「辻が花」は、癒しになるのではないのでしょうか?

当店のホームページはhttp://www.orieya.com

この記事を書いたプロ

株式会社 織絵屋 [ホームページ]

販売職 松山和年

岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL:0120-56-0102

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子を作成しました。A5版(72ページ)サイズの小冊子です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

他店で購入した商品にもかかわらず、急ぎの仕立てを快諾してくれました。

先日、お店を訪れた時、偶然にも社長さんとゆっくり、お話で...

辰子様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
博多織のルーツは帯ではなく着物です。

 博多織というと、博多献上帯があまりにも有名すぎて、「帯」というイメージがあり、着物は織られていないと思っ...

着られない、着ない着物のリメイク方法
イメージ

 着られない、着ていない着物や羽織は、名古屋帯や細帯にリメイクできます。 絹はこの世で最高の天然素材で...

[ 着物のお直し技法 ]

『梅』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 今回は、『松竹梅』の「梅」について述べます。 梅の開花は、「もう少し頑張れば、春はもうそこまで来...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『竹』の文様にはこんな意味が込めれれています。
イメージ

 前回の「松文様」に続き、今回は「竹」の文様について述べます。 竹には、古来、日本では「竹取物語」...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『松』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 以前、このコラムで、『松竹梅文様』には、「二人の間に元気な赤ちゃんが生まれるのを待っています。」といメッ...

[ 着物の文様(柄模様) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ