コラム

 公開日: 2015-12-02  最終更新日: 2016-08-26

結城紬は、昭和30年代までは主に縮(ちぢみ)が織られていました。

日本三大紬の結城紬ですが、実は昭和の30年代までは、一般的な平織のものより、縮(ちぢみ)が多く織られていました。縮(ちぢみ)とは、強い撚りをかけた糸を緯糸に織込み、織り上がった後に、湯もみして縮ませた生地のことです。

 平織の結城紬は古くから織られており、江戸時代になると、縞ものが多く織られるようになりました。江戸の終わり頃になって、現代につながる絣のものも織られるようになりました。

 本来、結城紬は真綿の手紡ぎ糸だけで織られており、厚手で丈夫、暖かいことが特徴です。人々は単衣で仕立て、一年中、普段着として着用していました。しかし、寒い秋冬は良いのですが、春夏になると、単衣でも暑いのが欠点でした。

 明治35年ころに、ある業者が栃木県佐野市の縮織りをヒントに、真綿の紡ぎ糸に撚りをかけ、緯糸として織ったのが始まりと言われていrます。

 以降、人々は真綿の柔らかさとサラリとした感触の縮を重宝し、単衣にして一年中着用するようになりました。そして、明治37年度に生産された結城紬の9割ほどを縮が占めていました。

 しかし、昭和30年に重要無形文化財にしてされたのが平織の結城紬だったために、縮は次第に生産を縮小され、ついには1%を切るほどになってしまいました。
 
近年になって、縮の着心地の良さ、魅力が再発見され、現在では3%までに、生産が回復してきたそうです。

 春先から、暑い時期を除いて、秋口まで、軽く、柔らか、そしてサラリとした感触は、最高の単衣と言えるでしょう。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com

この記事を書いたプロ

株式会社 織絵屋 [ホームページ]

販売職 松山和年

岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL:0120-56-0102

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら...

小冊子プレゼント

岩手日報「ぽらん」に連載されたコラム『きもの歳時記』をまとめた小冊子を無料プレゼント内容は、様々なきものの歴史やいわれ、文様の意味などを分かりやすく解説...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

他店で購入した商品にもかかわらず、急ぎの仕立てを快諾してくれました。

先日、お店を訪れた時、偶然にも社長さんとゆっくり、お話で...

辰子様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
着られない、着ない着物のリメイク方法
イメージ

 着られない、着ていない着物や羽織は、名古屋帯や細帯にリメイクできます。 絹はこの世で最高の天然素材で...

[ 着物のお直し技法 ]

『梅』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 今回は、『松竹梅』の「梅」について述べます。 梅の開花は、「もう少し頑張れば、春はもうそこまで来...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『竹』の文様にはこんな意味が込めれれています。
イメージ

 前回の「松文様」に続き、今回は「竹」の文様について述べます。 竹には、古来、日本では「竹取物語」...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『松』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 以前、このコラムで、『松竹梅文様』には、「二人の間に元気な赤ちゃんが生まれるのを待っています。」といメッ...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『四君子文様』にはこんな意味が込められています。
イメージ

 四君子文様とは、蘭(らん)・竹・菊・梅の4種の植物を組み合わせた図柄のことです。(下画像) 本来、...

[ 着物の文様(柄模様) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ