コラム

 公開日: 2015-08-21  最終更新日: 2015-09-05

単衣(ひとえ)の着物に関する誤解とは?

 単衣の着物とは、裏地を付けずに仕立てた着物のことを言います。現代では6月と9月に着る単衣と、7月、8月に着る透け感のある薄物を差します。
 

 6月と10月の衣替えの習慣は、江戸時代の武士が公式の場で装う決まり事「(旧暦)5月5日~8月30日は帷子(かたびら)を着用すること」がルーツになっています。
 ちなみに、帷子とは麻の一枚物の着物のこと。当時、まだ紗は超希少品で、絽はありませんでした。


 7月、8月の薄物は、絽や紗などのような網目状に透けた生地が特徴です。6月の単衣は明るい、または寒色系の色目の着物を、9月は少しくすんだ、温かみのある色目の着物を単衣に仕立てるのが良いでしょう。


 しかし、温暖化の今日、5月、10月に真夏日になることも珍しくありません。袷の季節だからと言って、暑さを我慢してまで袷の着物を着る必要はありません。汗ばむような気温の時は、涼しげな単衣の着物の方が、相手に対する思いやりを大事にする和の装いにふさわしいと思います。


 フォーマルの席では、最近ではほとんどエアコンが入っていますので、決まりごとに従い、カジュアル着では、その日の気候に合わせるのが良いと思います。


 私は、お召しや紬の着物はほとんど単衣で仕立て、一年中着ています。寒い時は重ね着、羽織を重ねる、また肌着などで調整します。単衣は軽くて着やすいですし、また肩もこりません。
 
 カジュアルな着物は単衣で一年中着ても問題ありません。ただ、注意して欲しいことが2点あります。
 一つは、色目です。9月に入ると、あまり白っぽいものは避けてください。季節感に沿いません。
 二つ目は、八掛を付けない単衣の着物は裾が擦り切れやすいので気を付けてください。

当店のホームページはhttp://www.orieya.com/

この記事を書いたプロ

株式会社 織絵屋 [ホームページ]

販売職 松山和年

岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL:0120-56-0102

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら...

小冊子プレゼント

岩手日報「ぽらん」に連載されたコラム『きもの歳時記』をまとめた小冊子を無料プレゼント内容は、様々なきものの歴史やいわれ、文様の意味などを分かりやすく解説...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

手もみ麻の肌着で、梅雨時も真夏も着物を楽しめます。

いつも、お世話になりましてありがとうございます。 娘の...

ニコママ様
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
着られない、着ない着物のリメイク方法
イメージ

 着られない、着ていない着物や羽織は、名古屋帯や細帯にリメイクできます。 絹はこの世で最高の天然素材で...

[ 着物のお直し技法 ]

『梅』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 今回は、『松竹梅』の「梅」について述べます。 梅の開花は、「もう少し頑張れば、春はもうそこまで来...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『竹』の文様にはこんな意味が込めれれています。
イメージ

 前回の「松文様」に続き、今回は「竹」の文様について述べます。 竹には、古来、日本では「竹取物語」...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『松』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 以前、このコラムで、『松竹梅文様』には、「二人の間に元気な赤ちゃんが生まれるのを待っています。」といメッ...

[ 着物の文様(柄模様) ]

『四君子文様』にはこんな意味が込められています。
イメージ

 四君子文様とは、蘭(らん)・竹・菊・梅の4種の植物を組み合わせた図柄のことです。(下画像) 本来、...

[ 着物の文様(柄模様) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ