コラム

 公開日: 2014-06-06  最終更新日: 2016-08-26

長襦袢はチラリズムの女性美を表現できます。

 長襦袢の名の由来は、ポルトガル語のジバン(肌着、シャツの意味)からきたと言われています。初めは、腰までの半襦袢でした。半襦袢に裾除けを組み合わせたものが、江戸中期までの一般的な下着のスタイルでした。やがて、元禄の頃、遊郭で半襦袢と裾除けをくっつけたもの(長襦袢)が流行し、一般にも広まっていきました。

 その後、江戸幕府が奢侈禁止れを出し、庶民の華美な装いを取り締まるようになると、庶民は見えないところのオシャレに贅をつくすようになりました。

 その一つが長襦袢です。生地に羽二重や綸子の高級絹物を使い、友禅や刺繍、絞りなどを施し、現代人が見ても、とても下着とは思えない豪華なものまでありました。

 長襦袢に掛ける半襟は、普段着には目立たない黒、礼装には白の無垢を使っていましたが、長襦袢の変化にともない、小紋柄や刺繍、絞りなどの色半襟が流行していきました。そして、明治から昭和初期までは、半襟の専門店が軒を連ねるほどでした。現代においても、袖口や振り、襟元からチラリとのぞく長襦袢や半襟は着物ならではの最高のおしゃれです。

 長襦袢の使い分けは、留袖、黒紋付き(喪服)には白の長襦袢を、訪問着や色無地には同色系の淡色の無地かボカシの長襦袢を、おしゃれ用の小紋や紬などには小紋柄や絞りの長襦袢を重ねると良いでしょう。

当店のHPは http://www.orieya.com/

この記事を書いたプロ

株式会社 織絵屋 [ホームページ]

販売職 松山和年

岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL:0120-56-0102

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

着物は様々な技法によって、何度でも再生できます。まずは、お気軽にご相談ください。★お直し料金★程度により料金は違います。お見積もり後、お客様が承諾されたら...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子を作成しました。A5版(72ページ)サイズの小冊子です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松山和年 まつやまかずとし

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(1/3)

 親から譲り受けた着物、代々受け継がれている着物、冠婚葬祭用に買った着物。しかしその後の使い道がわからず箪笥にしまい込んだまま。そんな着物たちを生まれ変わらせてくれるのが、盛岡市みたけにある「株式会社 織絵屋」。着物の販売のほか、染め替え・...

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

雫石町の和を楽しむ講座に参加しました。

先日、雫石町の和を楽しむ講座「いつでも 着物日和」に参加...

ミルクティー様
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏の着物姿を快適にする長襦袢

 着物に合わせる長襦袢も、10月~5月が袷(昔は総裏をつけていましたが、今は袖部分だけが二重)、6月、9月...

本物の友禅は消滅の危機です。

 今から350年前に完成されたという友禅。それまでの模様染めは絞りに限られていました。または、染めではありませ...

[ 本友禅 ]

博多織のルーツは帯ではなく着物です。

 博多織というと、博多献上帯があまりにも有名すぎて、「帯」というイメージがあり、着物は織られていないと思っ...

着られない、着ない着物のリメイク方法
イメージ

 着られない、着ていない着物や羽織は、名古屋帯や細帯にリメイクできます。 絹はこの世で最高の天然素材で...

[ 着物のお直し技法 ]

『梅』の文様にはこんな意味が込められています。
イメージ

 今回は、『松竹梅』の「梅」について述べます。 梅の開花は、「もう少し頑張れば、春はもうそこまで来...

[ 着物の文様(柄模様) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ