プロTOP:松山和年プロのご紹介

歴史ある日本の“着物文化”を伝える伝道人(3/3)

松山和年 まつやまかずとし

講座と通信で着物をもっと身近に

 織絵屋では定期的に着物に関する講座を開催しています。松山さんが特に力を入れているのは着物の着方、簡単帯結びの講座。一からしっかり学びたいという方は3ヶ月9回を1クールとする本格的な無料の着方教室、まず簡単な締め方を覚えたいという方は「簡単お太鼓結び講座」がおすすめ。急いでいる時や夏の暑い時期でも、短い時間で簡単に帯を締める方法を学ぶことができます。ご要望に応じてワンポイントレッスンも行いますので気軽に相談してみては。

 また、月に1回出している情報誌「ゆらぎ通信」では、松山さんが着物に関するさまざまな知識を紹介する“きもの歳時記”をはじめ、お客様の声への回答、イベントの告知などが掲載され、着物の世界にもう一歩踏み込むことができます。

 365日ほぼ毎日着物を着て生活しているという松山さん。「着物を着るといつもと違った世界を見ることができます。道を歩いていて着物を着た人がいると無意識に目がいったり、振り返って見てしまうという経験は誰でもあるのではないでしょうか。見られることで自然と背筋が伸び、物を取るとき、座るとき、歩き方まで変わってくるものです。自然とおしとやかで丁寧な所作が身につくのも着物の魅力。着てみて初めて気づくことがたくさんありますよ」。いつも決まった形ではなく、お客様の好みや季節に合わせた臨機応変なアドバイスができるのも普段から着物を着ている松山さんだからこそ。織絵屋では、着物に馴染みのある方はより深く、初心者の方でも着物をより身近に感じることができるでしょう。

(取材年月:2013年11月)

最近投稿されたコラムを読む
お直し・染め替え料金

大好きだった故人の形見、若いときに買った思い出深い着物。寸法違いや派手、地味などの問題で、もう着られないとあきらめていませんか?実は、昔の着物は今店頭に...

小冊子プレゼント

以前の小冊子が無くなりましたので、新しく、マイベストプロに投稿しているコラムを読みやすくまとめた小冊子を作成しました。A5版(72ページ)サイズの小冊子です...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

松山和年プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

365日着物を着、研究しているからこそできる着物の提案に強み

会社名 : 株式会社 織絵屋
住所 : 岩手県盛岡市みたけ4-6-4 [地図]
TEL : 0120-56-0102

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-56-0102

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松山和年(まつやまかずとし)

株式会社 織絵屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

きもの無料勉強会に参加して、明日から着物を着るのが楽しみになりました。

着物は単なる「着るもの」ではなく、「気のもの」、着るだけ...

立花喜代子様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
久米島紬の絣技術が沖縄本島の琉球絣、鹿児島の大島紬、茨城の結城紬、山形の置賜紬まで伝わりました。

 沖縄本島から西へおよそ90㎞に浮かぶ久米島で織られている久米島紬。 久米島紬は紡ぎ糸を使い、糸を括って...

着物や羽織、コートを帯にリメイクする方法
イメージ

 派手になったり、シミ汚れがある着物や羽織、コートは帯にリメイクすることができます。 一般的には、着物...

しなやかで締め心地の良い袋帯・『本袋帯』とは
イメージ

 袋帯とはフォーマルの着物に締める帯で、おしゃれ着用の名古屋帯より長くて、二重太鼓を締められる帯です。...

友禅染の命は「糸目」

 世界に類を見ない美しい染め技術・友禅染は、「糸目」という防染技術の発明によって生まれました。 「糸目...

[ 本友禅 ]

もう一つの友禅・摺り友禅

《もう一つの友禅「摺り友禅」とは》 プリントやインクジェットの友禅が主流になってしまった現在ですが、本友...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ