佐藤一裕

さとうかずひろ

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

[ 北上市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-10-18 

インプラントは安心できる歯医者で!セカンドオピニオンの重要性

みなさんは、「セカンドオピニオン」という言葉をご存知でしょうか。セカンドオピニオンとは、現在診療を受けている担当医とは違う医師に「第2の意見」を求めることです。

患者さんにとって医療は専門的でわからないことばかりなので、担当医師の提案をそのまま受け入れる方が多いと思います。しかし、治療に関する考え方は歯科医師によって違います。歯科医師の技量や経験などにより治療方針が大きく左右されるため、10人の歯科医師がいれば10通りの治療方法があるといっても過言ではありません。

セカンドオピニオンは、患者さんにとっての最善の医療とは、患者さん自身が十分に納得できる治療であるという考えに基づいています。

特にインプラント治療は、患者さんがインプラントに求める価値観を尊重して行われるため、歯科医師との相性や信頼関係が重要となります。

「担当医師が提案する治療計画が納得できない」「他の選択肢はないのか」と思われたら、セカンドオピニオンを取得するべき時かもしれません。

セカンドオピニオンの重要性

セカンドオピニオンは、担当医が示した治療方針について別の視点から意見を聞くこと。それにより、患者さん自身が治療への理解を深め、納得のいく治療法を検討することを目的としています。

インプラント治療は外科手術を伴い、定期的なメンテナンスが必要なため、患者さんと歯科医師の信頼関係なくしては成功させることができません。また、インプラントは優れた治療法ですが、全ての患者さんにとって最善の選択であるとは限りません。症状によっては他の治療法が適していることもあるのです。

セカンドオピニオンにより、「抜歯しなくてもよい歯を抜歯された」「治療して間もなくインプラントが抜けた」など、インプラント治療をめぐるトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

セカンドオピニオンを受けて欲しいケース

以下のような疑問や不安がある場合は、セカンドオピニオンの取得を検討してみましょう。

○インプラント治療が難しいと言われた

○治療計画を提案されたが不安がある

○主治医にすすめられた方法以外の治療を検討したい

○症状についてもっと良く知りたい

○インプラント治療が怖い

セカンドオピニオンを受ける際に注意すること

セカンドオピニオンとは、転院し担当医を変えることではありません。他の医師に意見を求め、主治医と共に治療を選択することです。

日本では、まだセカンドオピニオンというシステムに馴染みがないため、担当医に遠慮して躊躇する方も少なくないようです。しかし、多くの医師がセカンドオピニオンの趣旨を理解しているので、申し出れば情報提供書などをすぐに作成してもらえるはずです。

セカンドオピニオンを受ける場合は、まず何を聞きたいのかをはっきりとさせましょう。聴きたいこと、伝えたいことを整理し、事前にメモをして病院へ行くと限られた時間を有効に使えます。また、セカンドオピニオンの基本的な目的は、「主治医の診断や治療方法」について相談することです。すでに終了した治療について別の医師に判断を求めるものではないので注意しましょう。

もし、セカンドオピニオンで別の治療法が提案された場合は、それについても主治医にフィードバックしましょう。主治医がその治療法のメリットとデメリットを示してくれるので、患者さんはより多くの判断材料と選択肢を得ることができます。

なお、主治医にセカンドオピニオンを拒まれた場合は、インフォームド・コンセント(説明と同意)を重視していない可能性があるので転院を検討されてもよいと思います。

セカンドオピニオンを取得する歯科医院の探し方

インプラント治療は高い専門性が必要です。適切な助言を得るためにも、インプラントを専門とする歯科医院でセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

セカンドオピニオンを取得する方法

(1)主治医にセカンドオピニオンを取得することを伝えます。

(2)情報提供書(紹介状)やCT・レントゲンなどの検査結果を準備してもらいます。セカンドオピニオンを求められる側の医師は、これらの資料を用いて患者さんの症状を評価します。

(3)セカンドオピニオンを受ける歯科医院を予約します。

(4)予約した医院の医師に、情報提供書などを提出し相談します。

(5)セカンドオピニオンで他の医師の意見を得ることができたら、それを持ち帰り主治医と改めて相談することが大切です。自分自身の考えに変化があった場合は、それを伝え担当医師の見解も聞き、納得できる治療方法を選択してください。

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオンにかかる費用は無料~3万円程度までと、クリニックによって大きな差があります。また、セカンドオピニオンを受けていない医院もあるので、事前に確認するようにしましょう。

北上インプラントデンタルオフィスのセカンドオピニオン

当院では、毎週木・土曜日に「インプラント」「矯正治療」「審美歯科」の個別相談・セカンドオピニオンを実施しております。

インプラント治療については、これまでも「他院でインプラントをすすめられた」「入れ歯を入れたくない」「今の入れ歯が使えない」など、さまざまなご相談をいただいております。他院で提案された治療方針について相談したい、インプラント費用の内訳を詳しく知りたいなどの疑問や不安は、個別相談・セカンドオピニオンで気軽にご質問ください。

【開催場所】  北上インプラントデンタルオフィス
【内容】    「矯正治療」「審美歯科」「インプラント」※個別相談では、最初にお悩みを詳しく伺った後、お口の中の状態を検査し写真撮影をいたします。
【所要時間】  60分ほど
【日時】    木・土曜日 09:00~11:00
【お申し込み】 予約制。0197-72-5722にお電話してください。
【相談費用】  無料

この記事を書いたプロ

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス [ホームページ]

歯科医 佐藤一裕

岩手県北上市柳原町4丁目11-19 [地図]
TEL:0197-72-5722

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
佐藤一裕 さとうかずひろ

矯正歯科及びインプラントの最先端治療を岩手で提供 (1/3)

2010年、北上市柳原町に開業した「北上インプラントデンタルオフィス」。院長の佐藤一裕先生は、日本人としては初めてドイツでインプラントの専門教育(歯学修士)を学ぶご子息と供に矯正歯科及びインプラントに力を入れた診療を行っています。同院が取...

佐藤一裕プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

北米やヨーロッパ、インプラントの先進国で学んだ技術を提供

医院名 : 医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス
住所 : 岩手県北上市柳原町4丁目11-19 [地図]
TEL : 0197-72-5722

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0197-72-5722

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤一裕(さとうかずひろ)

医療法人翔陽会 北上インプラントデンタルオフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
矯正治療で「新しい笑顔」を
イメージ

 事前確認で、納得してからの矯正治療 歯並びの状態は顔全体の印象に影響を与えると言われています。歯並び...

[ 矯正歯科 ]

入れ歯にもう我慢しない。インプラントに悩まない。
イメージ

 メインテナンスしやすい歯科治療 日本の将来人口推計によると、50年後にわが国の総人口は約3割減り、子どもと...

[ インプラント ]

見た目の問題だけじゃない、被せ物治療
イメージ

 20%オフ!メタルフリー治療とは 被せ物・・・自分の歯を削って被せる冠(クラウン)のことです。クラウンは...

[ インプラント ]

最も大切な予防メインテナンス

 治療のやり直しを防ぐ インプラントの治療だけでなく、むし歯や歯周病治療後の定期的なメインテナンスは行わ...

[ インプラント ]

CTを使ったサージカルガイド治療の流れ

従来のインプラント手術は、歯肉を切り開いてあごの骨を確認しながら行っていました。しかし、術後の腫れや痛みな...

[ インプラント治療 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ