コラム

 公開日: 2018-04-04 

菜園などの雑草対策におすすめ ウッドチップの敷き方と注意点について

自分の菜園で育てた野菜は格別ですね。でも、悩みの種は雑草です。
菜園でのウッドチップの使い方などをお話ししましょう。

菜園でのウッドチップと防草シート

自分の菜園で採れた野菜はスーパーで買ったものとは違いますね。野菜本来が持つ甘さやシャシシャキ感、初めて収穫したものをお食べになって「おいしい。こんなに違うの!」と感動される方も多いはずです。しかし、菜園で手間がかかるのが草とりですね。

「野菜を作っているのか草取りをしているのか分からない」、そんな悲鳴を上げたくなるほど草取りの手間はかかります。ウッドチップは雑草の繁殖を抑えるうえでとても役立つ素材です。

菜園作りは土作りから始まりますが、ここではそれは済んだものとして、ウッドチップの使い方を見てみましょう。

まず、土を耕し、畝(うね)を作ります。そして、畝(うね)に防草のためマルチングのシートをかぶせます。この際、黒色シートを用いることが多いでしょう。
さて、ここでウッドチップを併用します。畝(うね)みぞと菜園の周囲にウッドチップを敷きます。チップの厚さは畝の頂より若干低い程度で良いでしょう。これで完了です。

畝(うね)を覆う黒色シートは、日光を遮り雑草の繁殖を抑制する、土の流失を防ぐ、泥の跳ね返りによる作物の病気を防ぐ、さらに、土の乾燥や過湿を防止します。また、土の温度を保つという役割もあります。

ウッドチップは、いまあげた黒色シートの役割と同じ役割を果たします。
つまり、ウッドチップを敷くことで日光が遮られ雑草の繁殖を抑えることができます。また、敷き詰めたウッドチップは雨水から土を守り、土の流出を防ぎます。もちろん、土を覆っているわけですから泥の跳ね返りによって作物の害になる細菌が付着するのを防ぐことができます。
さらに、ウッドチップには適度な保水性がありますし通気性も保っています。そのため、土の乾燥や過湿防止にも役立ちますし、土の温度も保ちます。

マルチングのシートの効果とウッドチッップによる効果、ふたつの相乗効果で、菜園の雑草対策が強化されるわけです。

ウッドチップを敷けば雑草は一本も生えないということではありませんが、雑草が生えたとしても、ウッドチップの下の土はやわらかさを保ちますし根の生育を抑えますから、簡単に引き抜くことができます。

防草シートについて

ここで防草シートについてみて見ましょう。
防草シートには大きく分けて2つの種類あります。ひとつは不織布(ふしょくふ)、もう一つは織布(しょくふ)です。

不織布(ふしょくふ)は、名前のとおり、繊維を織ったものではありません。繊維を織らずに絡み合わせたものです。強度が均一で耐久性に優れ、織り目がないため、織り目の隙間を突き破って雑草が出るのを防ぎます。ただ、不織布は織布にくらべ高額というデメリットがあります。

織布(しょくふ)は、繊維を織ったものですから、ひっぱり強度が強いというメリットがあります。ただ、一度ほころびができるとそれが広がりやすい、また、織り目の隙間を突き破って雑草が生える可能性があるというデメリットがあります。

防草をしっかりするという効果重視で選ぶ際は不織布タイプ、コストを抑えたいという場合は織布タイプ、ということになるでしょう。

ウッドチップのメンテナンス

ウッドチップには若干のメンテナンスが必要です。と言っても、菜園の草取りにくらべれば楽にできます。

晴れの日が続き、ウッドチップが乾燥しほこりっぽくなっているようでしたら水をまいてなじませて下さい。また、ウッドチップは天然素材です。地面に接している部分から分解が始まり土に還ります。地肌が見えてきたらウッドチップを補充して下さい。

稀に腐食したチップの上に雑草の種が飛んできて、そこから雑草が生えることがあります。
その場合は雑草を抜き取って下さい。腐食が激しいところが見つかったら、その部分を取り除き、ウッドチップを補充して下さい。

手間ひま惜しまず・・・

私たち「伊藤建設」は木を愛する会社です。木造の家を建てるのが大好きです。しかし、家を建てるだけではなく、お客様のご要望にはなんでもお応えします。

たとえば大きなテーブルを依頼されることもあります。するとテーブル材に使える幅広の板材が必要になります。そこで自社で製材し長期間、自然乾燥させた板材の出番になります。

ところが、木は生き物ですから、自然乾燥させている間に若干のヨレやひずみが生じます。そこで、ヨレを修正し、ひずみを取るため手鉋(かんな)をかけます。これが結構大変なのです。でも、こうして手間ひまを惜しまず仕上げることでお客様に喜んで頂けるテーブルになるわけです。

菜園の手入れは大変だとおもいますが、手間ひまをかければこそ、おいしい野菜が育ちます。
どうぞ素晴らしい菜園をお作り下さい。

この記事を書いたプロ

伊藤建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 伊藤馨

岩手県盛岡市繋字尾入野48-6 (繋十文字) [地図]
TEL:019-689-2331

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ウッドチップ販売中
イメージ

青森ヒバ、杉のウッドチップを販売しております。当社で購入した原木丸太の端材を自分たちでチップに加工しております。50Lの袋詰め(市販のごみ袋は45Lです)...

古材保管中
イメージ

山間にひっそりと建っていた築100年位経った民家を解体した古材を保管しております。素晴らしい材を使っていましたので、このまま朽ち果てるのはもったいないと、...

 
このプロの紹介記事
ひのき造りの家、増改築、リフォームなどなんでもお任せ

昔ながらの大工仕事で、家の“困った”をスピーディーに解決(1/3)

 住宅の建築はもちろん、増改築から小さな修繕まで、皆さんの大切な住宅に関することならなんでもお任せという伊藤建設。一級建築士で代表取締役の伊藤馨さんは、先代のお父様から会社を引き継いで10年になります。 同社では人気のデザイン住宅から、...

伊藤馨プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

長年の現場経験を活かして、新築から小さな修繕まで柔軟に対応

会社名 : 伊藤建設株式会社
住所 : 岩手県盛岡市繋字尾入野48-6 (繋十文字) [地図]
TEL : 019-689-2331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

019-689-2331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤馨(いとうかおる)

伊藤建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
テーブル製作
イメージ

新築を依頼されたお客様よりテーブルの製作もたびたびお願いされます。家具を作るスタッフもおりますので作るの...

ウッドチップ下地は何が最適か 特長を生かしたおすすめの下地とは

ウッドチップにはいろいろな使い方がありますが、下地になるものとの相性を知っておくと良いでしょう。 ウッド...

[ ウッドチップ ]

遊歩道や通路など、最近増えているウッドチップで舗装された道とは

現在、ウッドチップはドッグランやガーデニングばかりではなく舗装にも使われるようになっています。 さまざま...

[ ウッドチップ ]

ウッドチップは気温を下げる?導入することの環境に関するメリットとは

ウッドチップは環境対策としても注目すべき素材です。今回はこの点について見てみましょう。 ヒートアイランド...

[ ウッドチップ ]

ウッドチップ、バークチップをおしゃれに使う方法

ウッドチップやバークチップはマルチング材としてだけではなく、室内の観葉植物やお庭をおしゃれにするうえでも効...

[ ウッドチップ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ