コラム

 公開日: 2018-01-13 

花壇や植物との相性もいい、ガーデニングにおけるウッドチップの使い方

ウッドチップはガーデニングにもお使いいただけます。その使い方を見てみましょう。

ガーデナーは1年中忙しい

ガーデニングがお好きな方、ガーデナーは1年中忙しいと言いますね。春、夏、秋、季節ごとに咲く花々を見るのは嬉しいものです。そして、折々の種まき、球根の植え付け、剪定などさまざまな作業があります。もちろん冬も作業はたくさんあります。

本格的な方は、土づくりをなさいますし、寒い冬、暖かい部屋で方眼紙に向かって花壇の設計をするのもガーデナーならではの楽しみです。

しかし、そのためにはいろいろなことをしなければなりません。なかでも大変なのは草とりですね。ちょっとでも手を抜くと、あっちにもこっちにも芽を出してきます。そして、水やり、肥料、冬の霜よけ。やはり1年中忙しいということになります。
そこでご紹介したいのがウッドチップです。実はガーデニングとウッドチップは相性がいいのです。

ウッドチップの使い方

では、ウッドチップの使い方を見ていきましょう。

(1)雑草対策
まず、おすすめしたいのは雑草対策です。雑草は抜いても、次から次へと出てきます。「もう草とりはたくさん!」と、どなたもお思いになるのではないでしょうか。

草とりが終わった後がチャンスです。ウッドチップを厚めに(5㎝程度以上)敷いて雑草対策を施しましょう。土の表面を覆うことで雑草の発芽をおさえます。

(2)泥跳ね防止
雨が降った後、あるいは、水やりをした後、大事にしていた草花が枯れてしまった。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

水はけが悪いのか、水をかけすぎたのか、いろいろお考えになるとおもいますが、泥はねが原因かもしれません。雨や水やりによって泥がはねかえり、土の中の菌が葉や茎についたことが考えられます。ウッドチップを敷くことでこの泥はねをおさえることができます。


また、家の壁際に花壇を設けていると強い雨の後、壁が泥はねで汚れることがあります。この問題もウッドチップを敷くことで解消できます。

(3)土を守る
ガーデナーにとって土はとても大切なものです。用土の流出は草花にとって致命的です。ウッドチップを敷くことで、この用土の流出をある程度防ぐことができます。とくに傾斜がある場所には、用土流出対策としてウッドチップがおすすめです。
反対に土が硬くなってしまうのも困ります。硬くなるというのは、つまり、土の中の水分が少ないということです。土の中の水分が不足していれば、草花の根が十分に発育しません。土中の水分は土の表面からも蒸散します。ウッドチップでマルチング(地表をビニールなどで覆うこと)を行うことで、蒸散をおさえることができます。

さらに、地植えでもコンテナでも用土の急激な温度の上昇・下降は草花の根にダメージを与えます。ウッドチップを敷くと温度の上昇・低下を緩和する効果を期待できます。

(4)庭を美しく
ガーデニングの楽しみは四季折々に咲く花々、庭の中にすっと立つ樹木の姿だけではなく、庭全体の姿を作るところにあります。ウッドチップはその点でもおすすめしたい素材です。

木陰を作る樹木の下に明るい色合いのウッドチップが敷いてあると、その明暗も楽しいですし、コンテナの寄せ植えの根元にウッドチップが敷いてあると風情を添えます。また、雨にぬれたウッドチップは土とは違った情感を醸し出します。

ウッドチップは庭の美観という点でもさまざまな使い方ができる素材です。

(5)霜対策
そして、霜よけ。冬越しには欠かせませんね。

霜柱は地中の水分が凍ってできるものです。まず、地表が凍り、凍っていない地中の水分が吸い上げられ、その水分が凍り氷の柱を作ります。霜柱ができると草花の根が押し上げられダメージを受けます。その対策として昔からあるのはワラを敷く方法ですがウッドチップも効果があります。

ウッドチップを敷くことで、ワラを敷くのと同じように土の凍結や乾燥、そして、霜柱の発生をおさえる効果があるのです。

当社もガーデニングを・・・

当社にも花壇があり「社長花壇」と言います。
ささやかな花壇ですが、それでも、作業着を着込み、足元は長靴で固め、手には軍手、手ぬぐいの頬かむりに麦ワラ帽子、いでたちを万全に整え年中手入れをしています。花壇の土には堆肥や消石灰を入れ、マメトラ(手押しの小さいトラクターです)で耕し、草とりをし、季節ごとに好きな花を植えています。

また、大木の切り株に草花を植えたプランターを配し、これも会社の前に置いています。木を愛する当社ならではのオブジェと自負しております。巨大な切り株ですが、この巨大な切り株をご覧になるにだけでも損はありません。

花壇は当社で製造した天然素材のウッドチップ販売所の前にあります。花の咲く季節、一度、ご覧になってみて下さい。

当社製ウッドチップ共々よろしくお願いいたします。

この記事を書いたプロ

伊藤建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 伊藤馨

岩手県盛岡市繋字尾入野48-6 (繋十文字) [地図]
TEL:019-689-2331

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ウッドチップ販売中
イメージ

青森ヒバ、杉のウッドチップを販売しております。当社で購入した原木丸太の端材を自分たちでチップに加工しております。50Lの袋詰め(市販のごみ袋は45Lです)...

古材保管中
イメージ

山間にひっそりと建っていた築100年位経った民家を解体した古材を保管しております。素晴らしい材を使っていましたので、このまま朽ち果てるのはもったいないと、...

 
このプロの紹介記事
ひのき造りの家、増改築、リフォームなどなんでもお任せ

昔ながらの大工仕事で、家の“困った”をスピーディーに解決(1/3)

 住宅の建築はもちろん、増改築から小さな修繕まで、皆さんの大切な住宅に関することならなんでもお任せという伊藤建設。一級建築士で代表取締役の伊藤馨さんは、先代のお父様から会社を引き継いで10年になります。 同社では人気のデザイン住宅から、...

伊藤馨プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

長年の現場経験を活かして、新築から小さな修繕まで柔軟に対応

会社名 : 伊藤建設株式会社
住所 : 岩手県盛岡市繋字尾入野48-6 (繋十文字) [地図]
TEL : 019-689-2331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

019-689-2331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤馨(いとうかおる)

伊藤建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
テーブル製作
イメージ

新築を依頼されたお客様よりテーブルの製作もたびたびお願いされます。家具を作るスタッフもおりますので作るの...

ウッドチップ下地は何が最適か 特長を生かしたおすすめの下地とは

ウッドチップにはいろいろな使い方がありますが、下地になるものとの相性を知っておくと良いでしょう。 ウッド...

[ ウッドチップ ]

菜園などの雑草対策におすすめ ウッドチップの敷き方と注意点について

自分の菜園で育てた野菜は格別ですね。でも、悩みの種は雑草です。菜園でのウッドチップの使い方などをお話しし...

[ ウッドチップ ]

遊歩道や通路など、最近増えているウッドチップで舗装された道とは

現在、ウッドチップはドッグランやガーデニングばかりではなく舗装にも使われるようになっています。 さまざま...

[ ウッドチップ ]

ウッドチップは気温を下げる?導入することの環境に関するメリットとは

ウッドチップは環境対策としても注目すべき素材です。今回はこの点について見てみましょう。 ヒートアイランド...

[ ウッドチップ ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ