コラム

 公開日: 2016-07-15  最終更新日: 2016-08-14

理由が大事! 法定離婚原因とは【中編】 ~ 離婚で後悔しないために④ @岩手 盛岡 ~

前回に続き法定離婚原因の中編です。

③3年以上の生死不明

最後に生存を確認できた時点から3年以上生死不明で、事故や事件などに巻き込まれた可能性が高い場合は裁判で離婚請求することが可能です。
生きていることは確実だがどこで何をしているのか分からない…という場合(単なる行方不明)はこれに該当しません。
相手が不在では話し合うことができませんので、調停を挿まずいきなり離婚訴訟を起こすことになります。ただし裁判では相手が生死不明であることを立証しなければなりません。相手の所在も不明ですが、裁判手続きに必要な書類送達等は公示送達という方法で行います。
一般的に、7年以上生死不明であれば失踪宣告によって死亡扱いにすることができますが、離婚についてはそれより早く3年で足りることになります。
しかし、相続発生の有無と、生還時の効力という点が変わりますので慎重に判断が必要です。

④強度の精神病

配偶者が強度の精神病にかかり、長期間の介護に尽くしたものの回復の見込みがなく、夫婦の共同生活における協力義務を充分に果たせない場合、裁判で離婚を請求することができます。
ただし、離婚原因として認められるためには、「強度」でなければなりません。配偶者が病気になれば助け合うのが当然だからです。強度と認められる可能性があるものとしては以下のようなものがあります。
・統合失調症
・早発性痴呆症
・麻痺性痴呆症
・偏執症
いずれも、重度になると意思の疎通が困難になったり人格が変わってしまうほどの病気です。また、回復の見込みとは、家庭に復帰した場合、夫・妻としてその任に堪えられるかどうかということです。
裁判所は精神病を理由に離婚を認めることに消極的な傾向があります。本人には病気になった責任はないのに離婚されてしまってはかわいそうだ、という発想なのでしょう。
判例では、「諸般の事情を考慮し、その病者の今後の療養、生活等についてできる限り具体的方途を講じ、ある程度において、前途にその方途の見込みがついた上でなければ、民法770条2項によって離婚請求を棄却し得る」(最判昭33・7・25)と示されています。それまで誠実な療養看護があり、離婚後の配偶者の療養や生活について十分な見通しを立てることが必要です。次の条件を満たしているか検討しましょう。

・長期の治療
・これまでの誠実な療養看護
・専門医の(回復の見込みがないという)診断がある
・離婚後の看病、療養の費用等に具体的な見通し
・離婚後の安定した生活の見通し

例としては、全額公費負担の老人ホームに入所している、充分に暮らせる障害年金や貯蓄がある、という場合です。

また、アルコール中毒、薬物・劇物中毒、ヒステリー、ノイローゼなどは、一時的な健康状態である場合もあり、回復の見込みのない強度の精神病にはあたらないとされ、離婚原因とはなりません。しかしこれらの場合、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚が認められる可能性があります。

なお、強度の精神病と判断される病状では本人の意思確認や判断能力を欠いている状態のため、本人を訴訟の相手方とすることができません。なので、代わりに訴える相手が必要になってきます。
人事訴訟法では、成年被後見人が訴えの原告又は被告となる場合、成年後見人が訴訟の対象となることを認めています。つまり、強度の精神病を患っている配偶者に対して離婚請求するには、裁判所に成年後見人を選任してもらうことが先決です。


次は法定離婚原因の最後、「⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由」です。

こんなお悩みも、当事務所にご相談ください!

↓↓↓関連するコラムはこちらから↓↓↓


離婚の手続きを知ろう【前編】 ~ 離婚で後悔しないために① @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/439/

離婚の手続きを知ろう【後編】 ~ 離婚で後悔しないために② @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/440/

理由が大事! 法定離婚原因とは【前編】 ~ 離婚で後悔しないために③ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/441/

理由が大事! 法定離婚原因とは【中編】 ~ 離婚で後悔しないために④ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/442/

理由が大事! 法定離婚原因とは【後編】 ~ 離婚で後悔しないために⑤ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/443/

親権?慰謝料?養育費? 離婚前に決めよう!【前編】 ~ 離婚で後悔しないために⑥ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/444/

親権?慰謝料?養育費? 離婚前に決めよう!【後編】 ~ 離婚で後悔しないために⑦ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/445/

親子で苗字が違っちゃう? 子どもの氏・戸籍について ~ 離婚で後悔しないために⑧ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/446/

勝手な離婚届は待った!知っておきたい手続き ~ 離婚で後悔しないために⑨ @岩手 盛岡 ~
http://mbp-iwate.com/hayabusa/column/447/


☆ ☆ ☆ ハ ヤ ブ サ 法 務 事 務 所 ☆ ☆ ☆
行政書士  上總 隼(かずさ たかし)
岩手県行政書士会(登録番号 第11031716)
TEL・FAX 019-666-2127
携帯電話  090-9323-6469
☆ ☆ ☆ご相談内容は守秘義務で守られています☆ ☆ ☆



~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~
※無断転載禁止 
Copyright © 2015 行政書士ハヤブサ法務事務所 All Right Reserved.
~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

この記事を書いたプロ

ハヤブサ法務事務所

行政書士 上總隼

岩手県盛岡市砂子沢10-92 [地図]
TEL:090-9323-6469

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
料金表

報酬例(参考価格)こちらに記載されていない業務も承ります。お見積り無料ですのでご相談ください。<法人向け>飲食店営業許可・・・・・・・・・・・・・5...

 
このプロの紹介記事
メイン画像

元探偵という異色の経歴の行政書士が複雑に絡みあった問題を解決する(1/3)

行政書士。その職業の内容と言えば、都道府県や保健所などの行政機関に提出する書類の作成、提出手続きの代行などが思い浮かぶのではないでしょうか?いわば、企業の経営者あるいは申請業務の担当者などではない限り、縁の薄い職業。そう思われがちですが、行...

上總隼プロに相談してみよう!

IBC岩手放送 マイベストプロ

前職は探偵。複雑な人間関係を整理し、最良の答えを導く

会社名 : ハヤブサ法務事務所
住所 : 岩手県盛岡市砂子沢10-92 [地図]
TEL : 090-9323-6469

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9323-6469

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上總隼(かずさたかし)

ハヤブサ法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
親子で苗字が違っちゃう? 子どもの氏・戸籍について ~ 離婚で後悔しないために⑧ @岩手 盛岡 

 ※特に女性に気を付けてほしい 氏・戸籍について※ 結婚で氏を変えた者は、離婚とともに旧姓に変わります。そ...

[ 離婚 ]

親権?慰謝料?養育費? 離婚前に決めよう!【後編】 ~ 離婚で後悔しないために⑦ @岩手 盛岡 

前回に引き続き、重要6項目後編です。 ○養育費 親権の有無に関係なく、親である以上は子どもを養育する義...

[ 離婚 ]

親権?慰謝料?養育費? 離婚前に決めよう!【前編】 ~ 離婚で後悔しないために⑥ @岩手 盛岡 

○離婚前に決めておくこと ①親権者を決めないと離婚できない 未成年の子どもがいる場合、どちらが親権者に...

[ 離婚 ]

理由が大事! 法定離婚原因とは【後編】 ~ 離婚で後悔しないために⑤ @岩手 盛岡 ~

今回は法定離婚原因の最後、「⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由」です。なお、裁判が不可欠な手続きについて...

[ 離婚 ]

理由が大事! 法定離婚原因とは【前編】 ~ 離婚で後悔しないために③ @岩手 盛岡 ~

前回のコラムで最後に紹介した法定離婚原因について、今回は少しスペースを割いて説明していきます。なお、裁判...

[ 離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ